VeeamでAzure VMware Solutionのデータ保護を行う際の考慮事項


Veeam Backup & Replicationでは、Azure VMware Solution(AVS)上のVMのデータ保護も対応しております。データ保護だけではなく、オンプレミスVMware環境からAVSに移行することも簡単に実施できるので、移行 + 移行後のデータ保護までVeeamで一元的に実施することが可能です。

AVS環境のデータ保護を行う場合は、AVSにアクセスするための構成や、プロキシの配置、Veeam機能の一部制限事項、といったことを考慮する必要があります。

これらの考慮事項に関しては、こちらの記事にまとめておりますので、是非ご参照ください。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください