サイジングや構成における考慮点 まとめ[Zerto Virtual Replication]


今回はZerto Virtual Replicationを使用する上で考慮すべき要素をご紹介します。Zerto Virtual Replicationは仮想マシンをベストエフォートでレプリケーションし、数秒のRPOを実現していますが、ベストエフォートであるがゆえに、どれだけのRPOを実現できるかどうかは保護対象となるVMの特性やレプリケーションを行う環境の構成に依存します。このようなレプリケーションのパフォーマンスに関して考慮すべき要素は以下の通りです。

  • 保護対象VM
  • アプリケーションのI/O量
  • VPGについて
  • ディスクに関する考慮点
  • VRAに関する考慮点
  • ZVMに関する考慮点
  • ZVMのデータベースに関する考慮点
  • 外部SQL Serverを使用する場合の推奨と考慮点
  • 長期保管オプション(Long Term Retention)の考慮点
  • パブリッククラウドでの考慮点
  • ネットワークに関する考慮点
  • WAN帯域最適化に関する考慮点
  • ジャーナルに関する考慮点
  • 複数VRAペアリングにおける考慮点

詳しく解説についてはこちら

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください