Veeam、Zerto、Commvault、Avamar、Appassure、NAKIVO、Actifio、Tivoliといったバックアップとレプリケーションソフトウェアとの相互運用性[VirtuCache]


バックアップソフトウェアのベンダーは、いくつかの異なるタイプのアーキテクチャとVMware APIを使用しています。バックアップを高速化するためには、VirtuCacheに追加の設定が必要な場合があります。バックアップデータが「ホット」なVMプロダクションデータをキャッシュから追い出さないように、またVirtuCacheがWrite-Backモードになっていても、バックアップがアプリケーションと矛盾しないように注意する必要があります。

VADP (VMware APIs for Data Protection) API

Veeam、Avamar、Commvault、Nakivo、Unitrends、ActifioなどはVADP APIを使用しており、これらのバックアップソフトウェアは一般的にVM上でバックアップ処理が実行されるケースがあります。以下のセクションでは、これらのバックアップソフトウェアで可能なさまざまな構成と、各バックアップソフトウェアの構成オプションでVirtuCacheに追加の構成が必要かどうかを解説しています。

ダイレクト ストレージ アクセス モード

バックアップ対象となる VM のデータが存在するストレージ アプライアンスとバックアップ処理を行うマシンがストレージ ネットワークを介して接続されている場合、 このアクティビティは VMware ハイパーバイザをバイパスし 、 VM データを直接読み書きします。この場合、バックアップ管理者はバックアップ前後の処理スクリプトを挿入する必要があります。前処理スクリプトは、バックアップジョブの開始前に VirtuCache上でライトバックモードに構成されているすべてのVMをライトスルーモードに変更させ、バックアップジョブの開始前にキャッシュからのすべての書き込みがストレージアプライアンスにフラッシュされるようにします。後処理スクリプトは、バックアップジョブの完了後に実行され、VMを元のキャッシュポリシーに戻します(これらのスクリプトの導入方法の詳細に関してはお問い合わせください)。さらに、バックアップ管理とプロキシのVMは、キャッシング・ポリシー「Backup-VM」に設定する必要があります。

ネットワークモード

この構成では、バックアップソフトウェアがバックアップするVMのVMwareスナップショットを開始し、これらのスナップショットは VMware ハイパーバイザ のLAN経由でバックアッププロキシにコピーされ、その後保存先にバックアップされます。この場合、「Backup-VM」というキャッシング・ポリシーを管理用とプロキシ用のVMに適用します。

バーチャルアプライアンスモード(HotAdd)

この構成では、バックアップ・ソフトウェアはVMwareのSCSI HotAdd機能を使用して、バックアップするVMのVMDK(スナップショット後)をバックアッププロキシVMにアタッチし、VMデータはネットワークを経由せずにデータストアから直接読み書きされます。この場合、「Backup-VM」というキャッシング・ポリシーを管理VMとプロキシVMに適用します。

ストレージベースのスナップショット

また、、バックアップ・ソフトウェアに依存しますが、 上記のいずれの構成でもVMwareスナップショットまたはストレージコントローラのスナップショットのいずれかを使用するオプションが用意されています。ストレージアプライアンスベースのスナップショットを使用する場合、バックアップVMに「Backup-VM」キャッシングポリシーを適用することに加えて、バックアップ管理者は、バックアップソフトウェアにてバックアップ前後の処理スクリプトを挿入する必要があります。 前処理スクリプトは、バックアップジョブの開始前に VirtuCache上でライトバックモードに構成されているすべてのVMをライトスルーモードに変更させ、バックアップジョブの開始前にキャッシュからのすべての書き込みがストレージアプライアンスにフラッシュされるようにします。後処理スクリプトは、バックアップジョブの完了後に実行され、VMを元のキャッシュポリシーに戻します(これらのスクリプトの導入方法の詳細に関してはお問い合わせください)。

「Backup-VM」ポリシーについて

VirtuCacheにて指定可能な「Backup-VM」ポリシーは以下を保証します。

  • VirtuCacheは、VMのバックアップに使用されるVADP関連のVMwareスナップショットを扱うことができます。VMwareスナップショットの使用は、様々なバックアップソフトウェアで最も一般的な設定です。
  • バックアップは、バックアップ対象のVMのキャッシュフットプリントがあればそれを利用(一貫性があり、速い)します。
  • バックアップデータがキャッシュからVM本番のホットデータ(フットプリント)を押し出すことはありません。
  • 32TB以上のVeeamプロキシVMをサポート。バックアップ対象VMの複数のVMDKがバーチャルアプライアンスモードのVeeamバックアップ・プロキシにホット・アドされると、VeeamプロキシVMのサイズが非常に大きくなる可能性があります。

VirtuCacheは、すべてのバックアップソフトウェアの構成をサポートしていますが、VMwareスナップショットを使用し、スナップショットをプロキシVMに「ホット・アド」する構成(バーチャルアプライアンスモード)を推奨しています。 VirtuCacheの「Backup-VM」ポリシーは、バックアップソフトウェアがこのモードで構成されている場合、バックアップを高速化します。

その他のバックアップ方式 に関して

  • vSCSIのAPIを利用したバックアップソフト:VirtuCacheでは追加の設定は必要ありません。vSCSI API を使用するバックアップ ソフトウェアの例としては、Zerto があります。
  • vSphere Replication および VMware SRM:VirtuCache での追加設定は必要ありません。
  • Solarwinds、Carbonite、IBM Tivoli、Dell AppAssure などのエージェントベースのバックアップソフトウェア:VirtuCache での追加設定は必要ありません。これらのソフトウェアパッケージは、各 VM にエージェントを配置し、これらのソフトウェアによって開始されるバックアップはすべて VMware コンテキスト内にあるからです。一般的に、VMにインストールされたエージェントを使用してバックアップが行われる場合は、VirtuCacheに追加の設定は必要ありません。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください