株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


ファイル上のデータ収集、Webサービスのためにファイルを出力
あらゆるデータで連携を可能に

XMLファイル ―情報システムをXMLフォーマットでコンパイル―

XMLファイルからのデータ取得や出力はStambiaのユニバーサルマッピング機能により、XMLファイルを驚くほど簡単に管理できます。

XMLデータの作成

StambiaではXMLファイルの複雑さに関係なく、単一のマッピングでデータを一つのXMLファイルに結合できます。

XMLデータの作成

XMLデータの読み込み

複雑なXMLファイルからデータを読み取り、複数のターゲットにデータを展開する場合、Stambiaでは一度だけデータを読み込み、それを同時に複数ターゲットに転送するため、高パフォーマンスでXMLからデータを変換できます。

XMLデータの読み込み

XMLファイルからのレプリケーション

XMLファイルからのデータ連携はレプリケーション用のコンポーネントを使用し自動化できます。指定したフォルダ内にあるXMLファイルを検出し、その階層構造からリレーショナル構造を作成、データ複製を実施可能です。

JSONファイル ―情報システムにNo SQLフォーマットとの互換性を―

JSONは必須ともいえるデータ交換用のフォーマットになっています。Web APIではJSONフォーマットを使用し、サードパーティのアプリケーションとデータを交換します。Stambiaではユニバーサルマッピングにより、JSONも簡単に管理できます。

JSONファイル ―情報システムにNo SQLフォーマットとの互換性を―

JSONデータの読み書き

StambiaではJSONファイルの複雑さに関係なく、単一のマッピングでデータを一つのJSONファイルに結合できます。また複雑なJSONファイルからデータを読み取り、複数のターゲットにデータを展開する場合、Stambiaでは一度だけデータを読み込み、それを同時に複数ターゲットに転送するため、高パフォーマンスでJSONからデータを変換できます。

JSONデータの読み書き

JSONデータの読み書き

JSONからのレプリケーション

JSONファイルからのデータ連携はレプリケーション用のコンポーネントを使用し自動化できます。指定したフォルダ内にあるJSONファイルを検出し、その階層構造からリレーショナル構造を作成、データ複製を実施可能です。

JSONとWebサービス

JSONはWebサービスの入出力部分として使用されます。そのため、Stambiaを用いればJSONの定義を含めて直接Webサービスの記述を取得できます。また、Webサービスの定義がJSONの入出力の定義を提供していない場合には、JSONファイルの定義を手動でWebサービスの定義に対応付けることも可能です。Stambiaでは、このようなマッピングもとても簡単に実装できます。

JSONとWebサービス

階層ファイル―あらゆる種類のファイルと互換性を―

ある特定のデータ形式でデータを連携することを第三者(パートナーや政府機関、顧客、サプライヤなど)から求められることがあります。このような場合にもStmbiaを活用できます。ファイル用のコネクタを使用すると、シンプルなフラットファイル(CSV等の位置や区切り文字形式)から複雑な階層型のファイルを読み込み、生成できます。

階層ファイル―あらゆる種類のファイルと互換性を―

階層型ファイルのレプリケーション

階層型ファイルからのデータ連携はレプリケーション用のコンポーネントを使用し自動化できます。指定したフォルダ内にあるファイルを検出し、その階層構造からリレーショナル構造を作成、データ複製を実施可能です。

JDBC / SQL統合

階層ファイルへのコネクタはJDBCドライバです。このドライバでは区切り文字や固定長で構成されているファイルから読み書きが可能であり、一つの行に配置されている値(同一形式で長さが異なる行)を扱うことができます。ファイルの構成を識別すると、ファイルがテーブルの複合体であるかのように、単純なSQLクエリでファイルを読み取ることができます。

JDBC / SQL統合


動画でみる
Stambia
Webセミナー

約37分

© 2007-2019 Climb Inc.