株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


Salseforce 、SAPアプリケーションのデータを簡単活用
Webのデータも抽出し、最高のソリューションを実現

Salseforce用オープンコネクタ ―Salseforceのデータ統合、抽出をシンプルに―

その他のオープンコネクタと同様、簡単にSalseforce上のデータを抽出し、E-LTアプローチにより、高いパフォーマンスを実現できます。また事前設定されたテンプレートを用いることで容易に顧客のニーズを満たすことが可能です。

また、Stambia MDMはサードパーティの管理からRDM(参照データ管理)プロジェクトまで、あらゆるビジネスニーズで利用できます。まずは、1種類のマスターデータから始め、さらに組織内のビジネスニーズをカバーするために、追加のソリューションを利用することなく、Stambia MDMを異なるタイプのMDMアプローチにも利用できます。

Salseforce用オープンコネクタ ―Salseforceのデータ統合、抽出をシンプルに―

ビジネスインテリジェンス(BI)とリアルタイムプロジェクトに

その他のコネクタとも組み合わせて使用することで、大量のデータを統合する必要のあるデータウェアハウスプロジェクトでも活用できます。またSalseforceのデータをStambiaにより連携し、アプリケーションに展開することでリアルタイムなビジネスプロセスでも活用できます。

ビジネスインテリジェンス(BI)とリアルタイムプロジェクトに

組み込みの情報取得テクノロジ

Stambiaでは、Salesforceアプリケーションまたは特定種類の情報を読み取ることができます。特定のフィールドやSalesforceテーブル、Salesforceの内部識別子と日付、ディスクリプションを取得し、全てのデータとメタデータを網羅して表示できます。これらの情報は、Salseforceと連携する際の処理の最適化や、変更の検出のためにStambiaで使用されます。

組み込みの情報取得テクノロジ

データ抽出と統合をスマートに

データの抽出と統合のために、Salseforceのバルクインターフェイスを使用し、リアルタイムとバッチモードで処理を行うことが可能です。Salseforceに接続し、差異を自動的に検出、ネイティブのIDと作成日または更新日時に基づき、対象のレコードに合わせてどのような処理を行うか(データの更新や挿入、マージ処理、何も実施しないなど)を決定できます。
このような設定はとても簡単に行うことが可能です。ビジネスルールに基づき、単純なマッピング設定を行うのみで、Stambiaが自動的に複雑なプロセスを生成、および実行し、変更されたデータを統合できます。
以下のようなSalesforceネイティブな情報を扱うことができます。

このような情報は変更を検出し、その他のアプリケーションやデータベース内の既存データとの比較を行うためにしようされます。

レプリケーション用の同期コンポーネント

Stambiaのレプリケーションコンポーネントを使用することで、Salesforceからその他のデータベースにデータへの複製や、その他データベースからSalseforceへのデータの複製を簡単に行うことができます。これは単純なパラメータの設定のみでかのうであり、複雑な設計を必要としません。また、ビジネスルールに基づき、ユニバーサルマッピングで、独自の対応付けを行うことも可能です。このコンポーネントはSalseforce用に最適化されており、最良のパフォーマンスを提供します。

レプリケーション用の同期コンポーネント

SAP用オープンコネクタ ―SAPアプリケーションとの連携をシンプルに―

その他のオープンコネクタと同様、簡単にSAPアプリケーションのデータを抽出し、E-LTアプローチとSAPの独自ツール(IdocとBaips/Rfc統合ブリッジなど)により、高いパフォーマンスを実現できます。また事前設定されたテンプレートを用いることで容易に顧客のニーズを満たすことが可能です。

組み込みの情報取得テクノロジ

StambiaではIdocsのディスクリプション、Bapis/RFCのディスクリプション、SAP固有のテーブルのディスクリプションやその他のメタデータなど、あらゆる種類の情報を取得可能です。SAP独自のデータ型と構造(ImportParameters、ImportStructures、Table、ExportParameters、ExportStructure)をサポートしており、SAPと同様に階層を表示できます。SAPモジュールにより、構成されたメタデータは選択された言語で、ビジネスラベルの取得を可能にします。

組み込みの情報取得テクノロジ

データ抽出と統合をスマートに

Stambiaではデータの抽出、統合のためにSAPに準拠した、特別な手法を用います。BapisまたはRfc関数を使用し、SAPとの同期やデータ連携プロセスの作成、または特定項目の全データ取得が可能です。Idocsは非同期またはリアルタイムにデータを抽出、統合するために使用できます。また、ユーザはSAPのWebサービス層を介してStambia標準のWebサービス接続により、SAPからデータの読み書きを行うことも可能です。

データ抽出と統合をスマートに

SAP用オープンソースコネクタの活用


動画でみる
Stambia
Webセミナー

約37分

© 2007-2019 Climb Inc.