Veeam ONE についてよくある質問

VMware、Hyper-Vに対応したモニタリング&レポートツール

Veeam ONE -導入・製品

vSphere 5.5に対応しているバージョンはいくつからになりますか?

vSphere 5.5環境に正式対応しているバージョンは7.0のパッチ2(7.0.0.919)になります。
これ以前のバージョンをお使いの場合にvSphere 5.5環境監視中に発生したエラーに関しては、動作対象外となりますので、サポートができません。
ご注意ください。

Veeam ONE をインストールするときに、既存の Veeam Monitor、Reporter をアンインストールする必要がありますか?

はい、アンインストールする必要があります。

アンインストールせずに Veeam ONE をインストールすると

下図の警告が発生してアンインストールを促されます。

Hyper-V にも対応していますか?

はい、対応しております。

Veeam ONE をどの PC にインストールすればいいですか?

Windows PC を用意していただき、そこに Veeam ONE をインストールします。

Veeam ONE をインストールした PC から VMware vsphere ESX(i)、VMware vSphere Hypervisor(ESXi フリー版)、Microsoft Hyper-V に接続して仮想マシンのモニタリングを行います。

ESX(i) や Hyper-V 上の仮想マシン(Windows)にもインストールできます。

Veeam ONE のインストール要件は?

Windows OS で Microsoft .NET Framework 以上が必要です。

詳細はこちらをご覧ください。

Veeam ONE を仮想マシンにインストールすることは可能ですか?

はい、可能です。仮想マシンでもインストール要件を満たしていれば問題ありません。

エージェント導入が必要ですか?

いいえ、ユーザが ESX(i)、Hyper-V、仮想マシンにエージェントを導入する必要はありません。

Linux 系 OS の仮想マシンのモニタリング・レポートは可能ですか?

はい、対応しています。

他には Windows、Unix、FreeBSD、Solaris、Mac OS がモニタリング可能です。

Veeam 製品と vCneter Server を同じマシンにインストールする際に注意点はありますか?

Veeam Reporter はマイクロソフトの IIS(インタ-ネットインフォメ-ションサ-ビス) と連携して動作します。

IIS(インタ-ネットインフォメ-ションサ-ビス) を有効にしているマシンに vCenter Server をインストールするとポート番号の重複が発生します。

Veeam ONE -ライセンス

ライセンス体系はどのようになっていますか?

接続する ESX(i)、Hyper-V の CPU ソケット数分のライセンスが必要となります。

CPU ソケット数がわかりません。

vSphere Client から ESX に接続して「サマリ」タブのプロセッサソケットをご確認ください。

下記構成の場合、Veeam ONE の必要ライセンスはどのようになりますか?

1.Veeam ONE(サーバー) を導入する物理サーバ(1CPU)
2.Veeam ONE(Client) を導入する物理マシン(1CPU)
3.VMware ESX を導入したモニタリング対象サーバ(2CPU)
4.Microsoft Hyper-V を導入したモニタリング対象サーバ(1CPU)

 

各仮想化用サーバ(VMware ESX、Microsoft Hyper-V)の

プロセッサソケット=CPUのソケット総数としてカウントすることになります。

したがって、CPU ソケット総数は『3』となります。

CPU ソケットごとのコア数はライセンスに影響しますか?

いいえ、影響しません。ライセンス数はCPUソケット数のみに依存します。
https://www.climb.co.jp/soft/veeam/outline/price.html

Veeam ONE -評価

評価期間は何日間ですか?

評価用ライセンスキーが発行されてから30日間となります。

評価中のサポートは受けられますか?

はい、ご利用いただけます。

質問の内容により、お時間をいただく場合がございます。

予めご了承ください。

評価版に機能制限はありますか?

評価版に機能制限はありません。

評価するには何が必要になりますか?

下記の環境をご用意ください。

 

VMware 環境の場合

1. Veeam ONE インストール用の Windows 系サーバ(仮想マシンでも可)

2. VMware vSphere ESX(i) または VMware vSphere Hypervisor(ESXi フリー版)

 

Hyper-V 環境の場合

1. Microsoft Windows Server または Microsoft Hyper-V Server

 

※インストールするサーバについては、システム要件をご確認ください。

※インストールや設定方法については、インストールマニュアルをご確認ください。

Veeam ONE -購入サポート

代理店で購入可能ですか?

弊社から販売、代理店を通しての販売どちらも行っております。

電話サポートは24時間対応ですか?

電話での対応は営業時間内(9:00~18:00)です。

サポートの回数に制限はありますか?

回数に制限はありません。

製品のバージョンアップの際には別途料金はかかりますか?

サポート期間内の場合、無償でバージョンアップをお客様自身で行うことができます。

また、弊社でもバージョンアップ作業(有償)を行っています。

日本語対応していますか?

ソフトのメニュー類は日本語には未対応です。

 

しかし、製品の操作マニュアルや、Veeam ONEによって提供されているレポートの説明などのマニュアルが日本語で用意されておりますので、問題なく使用可能です。

 

また、Veeam ONEによって提供されているアラートに付随するナレッジベースはシンプルな英語で作成されておりますし、コピー&ペーストすることもできますので、翻訳ソフトを使用していただくことで十分、内容は理解できるかと思います。

導入支援は行っていますか?

別料金となりますが、弊社にて設計・インストール・設定を行います。

Veeam ONE -機能

“Events” タブに表示されるのはどのようなイベントですか?

仮想マシンのスナップショット作成や削除、
仮想マシン自体の再構成や削除などといったイベント情報を一覧表示します。

モニターに表示するデータはどれくらいの間隔で取得しますか?

リアルタイムのデータは20秒間隔で取得して表示されます。
過去のデータを表示する場合には5分間隔または2時間間隔で表示されます。

Veeam ONEについての一般的な質問

Q: Veeam ONEでvSphere とHyper-Vのフリー版はモニターできますか?
はい。

Q: モニターできるホストとVM数は?
Veeam ONEは管理できるホストとVM数の制限はありません。

Q: Veeam ONEはエージェントを必要としますか?
いいえ、Veeam ONEはエージェントを必要としない最新のAPI技術を使用しています。

Q: Veeam ONEのインストールには専用の物理サーバが必要ですか?
いいえ、Veeam ONEは物理でも仮想サーバでもディプロイが可能です。

Q:Veeam ONは仮想環境だけでなく、Veeam Backup & Replicationの監視もできますか?
はい、仮想環境だけでなくバックアップ環境も監視できます。