株式会社クライム

AWS対応 クラウドソリューション
AWS対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam ONE(ヴィーム ワン)
Veeam Essentials
Veeam Management Pack for System Center
Maxta(マクスタ)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Zerto(ゼルト)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > Veeam Backup & Replication > Veeam Endpoint Backup FREE

Veeam Endpoint Backup FREE
物理マシンをバックアップ

Windows物理マシンのバックアップツール

ボリュームレベルとファイルレベル Veeam Endpoint Backup FREEは、物理マシンのデータ保護・災害対策のために無料で提供しているソリューションです。デスクトップ、ラップトップ、タブレットといった異なるタイプのコンピュータ とデバイスを保護可能であり、システムのクラッシュやハード ドライブの故障が生じた場合、またはファイルが破損したり、不注意で削除されてしまったりした場合、まるで何事もなかったかのように、必要なデータを数分で回復することができます。

以下の OS が実行されているコンピュータにインストール可能です。
  • Microsoft Windows 7 SP1以降
  • Microsoft Windows 2008 R2 SP1 以降

柔軟なバックアップ・リストア

ボリュームレベルとファイルレベル ボリュームレベルとファイルレベルの2種類の方法でバックアップ、リストアが可能です。

ボリュームレベルでのバックアップは、コンピュータ上のデータボリューム(論理ドライブまたはパーティション)全体のイメージを読み取ります。このボリュームレベルバックアップを使用してコンピュータのボリューム、ボリューム上にある指定したフォルダ、ファイルのリストア、またはベアメタルリカバリを実施できます。

ファイルレベルバックアップでは、コンピュータ上の個別のフォルダのデータを読み取ります。ファイルレベルバックアップからはバックアップ対象として追加したファイル、フォルダのリストアが可能です。
ボリュームレベルとファイルレベル 永久増分バックアップ 特別なドライバ(変更ブロック追跡CBT用のシステムドライバ)が不要であるため、サードパーティ製のソフトウェアとの競合を回避できWindowsマシンの安定性を保つことができます。

通常のスケジュールに加え、ロックやログオフのタイミングで実行可能 ロックやログオフのタイミングで実行可能 指定した時間からの日次のスケジュールに加え、特定のイベント発生時にバックアップを行うようスケジュールすることが可能です。指定できるイベントとして、コンピュータのロック、ログオフ、保存先となるストレージが接続されたときがあります。また、バックアップジョブを開始する時間にコンピュータがスタンバイモードになっている場合に、自動的にスリープ状態からコンピュータを起動することも可能です。

スケジュールによらず、任意のタイミングでバックアップを行うことも可能です。

様々な媒体にリカバリメディアを作成可能 様々な媒体にリカバリメディアを作成可能 Veeam Endpoint Backup FREEは、コンピュータのリカバリイメージであるVeeamリカバリメディアを作成できます。
リカバリイメージは機能が制限されたOSのコピーです。リカバリイメージにはMicrosoft Windows回復環境(Windows RE)を実行するために必要なすべてのデータが含まれています。コンピュータにインストールされているOSが何らかの理由で起動に失敗した場合は、リカバリイメージからWindows REを起動することができます。また、リカバリメディアにはドライバを含み、必要に応じて手動でのロードも可能です。起動後、次の操作を行うことができます。
  • Veeam Endpoint Backup FREEとMicrosoft Windowsツールを使用し、コンピュータ上の問題の分析とエラー修正が可能です。
  • 様々な媒体にリカバリメディアを作成可能
  • バックアップからコンピュータにデータのリストアが可能です。このシナリオではVeeam Endpoint Backup FREEもしくはMicrosoft Windowsの機能でバックアップを作成している必要があります。

以下のようなメディアにリカバリイメージを作成できます。
  • USBドライブやSDカードなどのリムーバブルストレージデバイス
  • CD / DVD / BD
  • ローカルまたは外部のコンピュータドライブ上のISOイメージ

Veeam Backup & Replicationとの統合

※Veeam Backup & Replication 8.0 Update2以降がVeeam Backupサーバ上にインストールされている必要があります。

Veeam Endpoint Backup FREEによって作成されたバックアップファイルを、Veeam Backup & Replicationが管理するバックアップリポジトリ上に格納することができます。バックア ップファイルはリポジトリ内の個別のフォルダに格納され、通常のリストアと同様に、格納されたバックアッ プファイルからリストアを実施できます。

バックアップリポジトリ上に格納されたVeeam Endpoint Backup FREEのバックアップファイル、バックアップジョブセッ ションの情報はVeeam Backup & Replicationのコンソールから確認できます。

バックアップ管理者はVeeam Backup & Replicationで、以下の操作をVeeam Endpoint Backup FREEのバックア ップに実施できます。
  • データ保護操作: Veeam Endpoint Backup FREEのバックアップを別のリポジトリにコピーすることやテープにアーカイブすることができます。
  • リストア操作: 個別のファイル、フォルダ、アプリケーションアイテムをVeeam Endpoint Backup FREEのバックアップから実施できます。コンピュータのディスクのリストアはVMDK、VHD、VHDXフォーマットに変換されます。
  • 管理タスク: Veeam Endpoint Backup FREEジョブを無効、削除することができます。

関連ブログ記事:物理マシンのバックアップをVeeam Backup & Replicationのコンソールから管理 ≫

Veeam Backup & Replicationとの統合

日本語マニュアル

Veeam Endpoint Backup FREEは海外ソフトであるため、操作マニュアルも英語で提供 されていますが、弊社では独自に日本語のマニュアルを作成し、ユーザに提供してい ます。

ご希望の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。
https://www.climb.co.jp/soft/veeam/document/backuppolicy.html
※Veeam Endpoint Backup FREEに関するご質問は、Veeam Free専用コミュニティフォーラムにて受け付けております。

Veeam導入無料相談窓口

技術ブログ