株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00
年末年始休業:2017年12月29日(金)~2017年1月4日(木)

構成例

導入が容易な最小環境構成

ESXiホスト1台から 仮想マシン上のVeeamでバックアップを取得する最小構成です。

導入が容易な最小環境構成

バックアップファイルは、デフォルトでVeeamが導入されているマシンの内部ストレージに保存されます。 その他、WindowsやLinux、またはNASなどの共有ストレージにも保存可能です。Veeamは物理マシン・仮想マシン上問わず展開可能です。
上の構成図では、ESXiホスト1台(1CPU)に接続したVeeamでホスト上の仮想マシンをバックアップします。

必要ライセンス:Standard Edition 1

負荷とスケーリングを意識した、分散環境構成

仮想マシンデータの実際の処理を代行するプロキシサーバと、バックアップファイルの保存先となるリポジトリを複数設置し、バックアップを行う構成です。

負荷とスケーリングを意識した、分散環境構成

プロキシサーバを用意することで、Veeamサーバ本体の処理負荷を軽減できるほか、スケーラブルな環境に合わせたバックアップ計画が実施可能になります。Veeamサーバと同様に、プロキシサーバも仮想マシン上に展開可能です。リポジトリも、Windows、Linux、またはNASなどの共有ストレージが選択できます。
上の構成では、展開したプロキシサーバが、ESXiホスト2台(各1CPU)上の仮想マシンをバックアップします。Veeamサーバは中央制御を担い、ジョブの処理状況を管理・統制します。

必要ライセンス:Standard Edition 2
※プロキシの利用に際し追加でのVeeamのライセンス料金は必要ありません。

データセンタ内でのHAを意識した、レプリケーションを行う環境構成

データセンタ内の本番系ESXiホスト上にある仮想マシンを、待機系ESXiホストにレプリケーションする構成です。

データセンタ内でのHAを意識した、レプリケーションを行う環境構成

本番系ESXiホストが停止しても、待機系ホスト上の複製仮想マシンを起動することで、HAのようにシステムを継続して運用可能です。レプリケーションも、ホストおよび仮想マシンの台数に応じてプロキシを展開することにより、負荷分散を行えます。
上の構成では、レプリケーション元となるESXiホストは1台です。

必要ライセンス:Standard Edition 1

各拠点のVeeamサーバを統括できる、Enterprise Managerの活用

ウェブベースのコンソールであるEnterprise Managerを使い、各拠点のデータセンタにあるVeeamサーバを本社で一括管理する構成です。

各拠点のVeeamサーバを統括できる、Enterprise Managerの活用

Enterprise Managerにブラウザでアクセスすることで各拠点のVeeamサーバを便利に管理できます。 Standard Editionでの機能はジョブの開始・停止のみとなりますが、Enterprise Editionからはジョブの複製やファイルレベルのリストアが実行可能です。(※Editionにより使用可能な機能が異なります。

上の構成では、3拠点にそれぞれESXiホスト2台(各1CPU)とVeeamサーバ1台があり、それを統括管理の拠点に導入したEnterprise Managerで管理しています。(Veeamサーバが1台のみの場合でもEnterprise Managerは使用可能です。)

必要ライセンス:Standard Edition 6
※Enterprise Managerの利用に際し追加でのVeeamのライセンス料金は必要ありません。

 
概要
v9.5新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品
Veeam Essentials
Veeam Agent for Linux
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam ONE
Veeam MP for System Center

© 2007-2017 Climb Inc.