株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


ディザスタリカバリを考慮した構成

BCP(業務継続計画)を考えたディザスタリカバリーサイト構築をご検討中の方へ、Synitiを使用したレプリケーション構成を紹介します。

1.データベースにのみ障害が発生したケースを想定した構成

通常時
通常時

通常時は、東京にあるOracleに対してクライアントからデータの更新を行うようにし、更新されたデータを大阪にあるOracleに対してリアルタイムにレプリケーションします。

障害発生時
障害発生時

東京のOracleで障害が発生した場合は、クライアントからの接続を大阪のOracleに対して行うことにより、データの消失はなく事業継続されます。

復旧時
復旧時

東京のOracleが復旧した場合は、大阪のOracleのデータを東京にレプリケーションすることでデータを再び元に戻すことが可能です。
Oracle以外のデータベースの場合でも同様です。

2.データベースとSyniti共に障害が発生したケースを想定した構成

通常時
通常時

通常時は、東京にあるOracleに対してクライアントからデータの更新を行うようにし、更新されたデータを大阪にあるOracleに対してリアルタイムにレプリケーションします。

障害発生時
障害発生時

東京で災害が発生した場合、クライアントからの接続を大阪のOracleに対して行うことにより、データの消失はなく事業継続されます。

復旧時
復旧時

東京のサーバが復旧した場合は、大阪にSynitiを再インストールし、Oracleのデータを東京にレプリケーションすることでデータを再び元に戻すことが可能です。
Oracle以外のデータベースの場合でも同様です。
また、Synitiの設定情報をバックアップしておくことで、Syniti再インストール時に設定情報をバックアップから復元することも可能です。

3.SynitiマシンをHAクラスタ構築し、Synitiマシンの障害対策に備えた構成

通常時
通常時

Synitiのマシンを2台用意しHAクラスタ構築しておきます。
通常時はアクティブのSynitiマシンを使用しレプリケーションします。

障害発生時
障害発生時

アクティブだったSynitiマシンで障害が発生した場合、HAクラスタによって即座にスタンバイだったSynitiが立ち上がり、レプリケーションを継続させることが可能です。
Synitiクラスタ構成には下記の準備が必要です。
・Windows Server 2台によるクラスタリング
・Syniti設定情報(メタデータ)を保存するためのDB(Synitiマシン以外を推奨)、
 又はSynitiマシンに設定情報保存用のDBをクラスタ構築




動画で見る
Syniti DR
Webセミナー

(約40分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.