株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について

Syniti DRはIBM i (AS/400)と
SQL ServerやOracle等とのリアルタイム・レプリケーションに多くの実績を持っています。

AS/400管理者の課題を解決!

こんなご要望にSyniti DRがお応えします



導入事例

実際にSyniti DRを使用してAS/400からのレプリケーションを構築しているユーザ様の声です。
実際に導入されたユーザ様の声を参考に、Syniti DRをご検討ください。

IBM i(AS/400)-異種DB間でのSyniti DR活用例

Syniti DRを利用することで、IBM i(AS/400)上の必要なデータのみをリアルタイムに他種データベースへレプリケーション(転送)可能です。

IBM i(AS/400)-異種DB間でのSyniti DR活用例

上の図ではデータをIBM i(AS/400)からSQL Serverにレプリケーションし、社内システムやWebアプリケーション、BIやレポーティングツールでの活用、さらにWindows用アプリケーションで活用する例です。 IBM i(AS/400)のみの場合は、アプリケーションからのデータの登録・更新・削除・参照がすべてIBM i(AS/400)に対して行われますが、レプリケーションによってアプリケーションのデータの参照はSQL Server側に任せることができるので、不可軽減のメリットもあります。

IBM i(AS/400)と他のDb2(LUWとz/OS)間でのSyniti DR活用例

Syniti DRを活用することでIBM i(AS/400)で使用しているDb2 for i(Db2/400)と他のDb2(for LUW とz/OS)間でのリアルタイムなデータ・レプリケーションが可能です。これによりデータベース間でのシームレスなデータ連携が可能で、データの移行・連係、負荷分散、障害対策などに活用することができます。

IBM i(AS/400)と他のDb2間でのSyniti DR活用例

変更追跡機能

IBM i(AS/400)から、差分のレプリケーションを実施する場合、変更追跡のためにジャーナルを利用しています。このジャーナルからデータ読み取るための方式として、Syniti DRでは従来のコマンドを使用した読み取り方式と、V6R1以降で利用できるログリーダAPIを使用した読み取り方式の2つを用意しています。処理速度等に関してはそこまで差はありませんが、ログリーダAPIを使用した場合、LOB型のデータもレプリケーションが可能です。このような、バージョンに合わせた最適手法を提供しています。

変更追跡機能

変更追跡機能

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応

CCSID 5026/5035をサポートしているため、AS/400の日本語文字も他種DBに対して文字化けすることなくレプリケーション可能です。CCSID 290/1027に日本語文字を持つ特殊なテーブルの場合でも、Syniti DRの機能でカラム単位でCCSID変換を設定することで文字化けを回避できます。また、CCSID 65535のバイナリ文字を通常の文字列へ変換するオプションが用意されています。

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応
CCSID変換設定画面 CCSID290/1027からの変換で使用

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応
CCSID変換設定画面 CCSID290/1027からの変換で使用

文字コード・データタイプの自動変換

Syniti DRは文字コードEBCDICであるAS/400から取得したデータをUnicodeへ変換し、ターゲットの文字コードに合わせて自動変換します。このためDBの文字コードの差異を意識する必要はありません。

文字コード・データタイプの自動変換

IBM i(AS/400)DB2で対応文字コードが異なります。

IBM i(AS/400)

CCSIDエンコード備考
000371100米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、ニュージーランド、オーストラリア
002731100オーストリア、ドイツ
002771100デンマーク、ノルウェー
002781100フィンランド、スウェーデン
002801100イタリア
002841100スペイン、ラテンアメリカ
002851100英国
002971100フランス
004241100ヘブライ語
005001100ベルギー、カナダ、スイス、国際 Latin 1
008701100Latin 2 多国語
008711100アイスランド
008751100ギリシャ
010261100トルコ Latin 5 CECP
002901100日本カタカナ
010271100日本英語 (拡張範囲)
009331301韓国語 (拡張範囲)、1880 UDC
009351301中国語 (簡体字) (拡張範囲)
009371301中国語 (繁体字) (拡張範囲)
043961200日本語ホスト DB (1880 を含む)
050261301日本語カタカナ (拡張範囲) 1880 UDC
050351301日本英語 (拡張範囲) 1880 UDC
011401100ECECP: 米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド
011411100ECECP: 米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド
011421100ECECP: デンマーク、ノルウェー
011431100ECECP: フィンランド、スウェーデン
011441100ECECP: イタリア
011451100ECECP: スペイン、ラテンアメリカ (スペイン語)
011461100ECECP: イギリス
011471100ECECP: フランス
011481100ECECP: インターナショナル 1
011491100ECECP: アイスランド
004201100アラビア語圏
008381100タイ (拡張範囲)

全て表示するコード表をたたむ

DB2

CCSIDエンコード備考
000371100米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、ニュージーランド、オーストラリア
002731100オーストリア、ドイツ
002771100デンマーク、ノルウェー
002781100フィンランド、スウェーデン
002801100イタリア
002841100スペイン、ラテンアメリカ
002851100英国
002971100フランス
004241100ヘブライ語
005001100ベルギー、カナダ、スイス、国際 Latin 1
008701100Latin 2 多国語
008711100アイスランド
008751100ギリシャ
010261100トルコ Latin 5 CECP
002901100日本カタカナ
010271100日本英語 (拡張範囲)
009331301韓国語 (拡張範囲)、1880 UDC
009351301中国語 (簡体字) (拡張範囲)
009371301中国語 (繁体字) (拡張範囲)
043961200日本語ホスト DB (1880 を含む)
050261301日本語カタカナ (拡張範囲) 1880 UDC
050351301日本英語 (拡張範囲) 1880 UDC
011401100ECECP: 米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド
011411100ECECP: 米国、カナダ、オランダ、ポルトガル、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド
011421100ECECP: デンマーク、ノルウェー
011431100ECECP: フィンランド、スウェーデン
011441100ECECP: イタリア
011451100ECECP: スペイン、ラテンアメリカ (スペイン語)
011461100ECECP: イギリス
011471100ECECP: フランス
011481100ECECP: インターナショナル 1
011491100ECECP: アイスランド
004201100アラビア語圏
008381100タイ (拡張範囲)
008194100ISO 8859-1、ローマ字アルファベット第 1
009322300日本語 PC データ - 混合
009544403日本語 EUC、G0 - JIS X201 Roman セット (00895)、G1 - JIS X208-1990 セット (00952)、 G2 - JIS X201 カタカナ・セット (04992)、G3 - JIS X212 セット (00953)
012524105Windows、Latin 1

全て表示するコード表をたたむ

高速レプリケーションを実現する.NETプロバイダ(Ritmo/i)をバンドル済み

Syniti DRは.NETプロバイダで各種データベースに接続し、レプリケーションを行っています。基本的にはデータベースベンダーが提供する.NETプロバイダを利用していますが、Db2の場合、専用の.NETプロバイダ Ritomo/iがSyniti DRにバンドルされており、これにより高速なレプリケーションを実現しています。

このRitomo/iはDB2Connectivityとして、別途ご購入いただくことも可能ですので、ご自身のアプリケーションから直接IBM i上のDb2に接続することも可能です。
DB2Connectからの乗り換えキャンペーン

Ritmo/iの詳細はこちら

AS/400を使用するお客様からよくある質問

どのようにして差分レプリケーションが行われますか? AS/400のミラーリングではトランザクションログとして「ジャーナル・レシーバ」を参照しますので、予め物理ファイルに対してジャーナルを起動しておく必要があります。
また、Syniti DRからジャーナルを参照するためのプロシージャをAS/400のライブラリに対して作成する必要がありますが、Syniti DRでAS/400の接続設定を行う際に簡単に作成することができます。

ジャーナルがAS/400側で自動で切り替わった場合、Syniti DRが参照するジャーナルも自動で切り替わりますか? 切り替わります。

古いジャーナルは削除しても問題ないですか? Syniti DRから参照しているジャーナルより前のものについては削除して問題ありません。

AS/400にはどのドライバで接続するのでしょうか? Ritmo/iというドライバを使用します。Syniti DRに同梱されております。

ジャーナルレシーバはテーブル単位で作成する必要がありますか?それともまとめて1つでも問題ないですか? 1つにまとめても問題ありません。Syniti DRではテーブル単位でレプリケーション定義を作成し、定義ごとにトランザクションIDを管理することが可能なためです。

準備・設定からレプリケーション実行までの流れ

【事前準備】AS/400にジャーナルを作成・起動します。

AS/400のジャーナル起動

1. AS/400(複製元)の接続設定を行います。

AS/400への接続設定を行います。
AS/400への接続設定
AS/400のレプリケーション対象の物理ファイルを選択します。
プロシージャを作成
Syniti DRからAS/400のジャーナルを参照できるようにプロシージャを作成します。
(Syniti DRから1クリックボタンで簡単に作成可能です)
レプリケーション対象の物理ファイルを選択

2. ターゲット(複製先)DBの設定を行います。

3. レプリケーションの設定を行います。

4. レプリケーションを実行します。

AS400からOracleへのミラーリングレプリケーション

AS400からSQL Serverのミラーリングレプリケーション


設定・処理の流れの詳細はこちら


Syniti DR活用事例(動画)

IBM Db2 もっと活用 しませんか? 高性能な接続ドライバと異種DBレプリケーションのご紹介

IBM i, iSeries, AS/400, z/OS, AIX, Solaris, Linux, Windows上のDb2との接続、連携にお悩みではありませんか? IBMが提供する接続ドライバであるDb2 Connectのライセンス体系、変更に伴い見直しを検討されている方も多いかと存じます。 今回は、このような接続ドライバのコスト課題を解決する 「DB2 Connectivity」と、 レプリケーションにより、柔軟な連携を実現する 「DBMoto」についてご紹介します。

AS/400(IBM i)から異種DBへらくらく連携セミナー

実績も多く、現在も根強い人気を誇るAS/400(IBM for i)ユーザ様も多くいらっしゃると思いますが、活用の幅を広げてみませんか?実はDBMotoをご活用いただくだけで異種DBへも「簡単に」移行・連携できます。「現行環境のDBを停止したくない」、「DBに負荷をかけずに、異種DBに移行・連携したい」、「Windows/Linux系DBに連携してBIツールを使いたい」、これらの課題への最適解であるDBMotoをご紹介いたします。

DB2(AS/400,z/OS)のデータをWindows・Java・異種DBと連携する最適手法

AS/400(IBM i)やz/OS(メインフレーム)のDB2のデータ連携や移行でお悩みの方必見です。 本セミナーでは以下の課題を解決するための最適なツール「DB2 Connectivity」と「DBMoto」についてご紹介します。


動画で見る
Syniti DR
Webセミナー

(約40分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.

動画で見る
DBMoto -AS/400
Webセミナー

(約30分)