株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


ライセンス体系について

Syniti DRのライセンス体系は、
ソースDBとターゲットDBの組合せで1ライセンスとなり、DBの種類やスペックによって価格が変動します。

詳細なお見積もりをご希望の際は下記の情報をお問い合わせフォームにご入力の上お問合せください。

ソース
(複製元)
・DBの種類
・DBの稼動するサーバのOS
・DBの稼働するサーバのCPUソケット数、コア数[1]
(仮想環境やクラウド環境の場合はvCPU数)
・DBのインスタンス数[2]
・HA環境かどうか
(アクティブ-アクティブか、アクティブ-スタンバイか)
ターゲット
(複製先)
・DBの種類
・DBの稼動するサーバのOS
・DBの稼働するサーバのCPUソケット数、コア数[1]
(仮想環境やクラウド環境の場合はvCPU数)
・DBのインスタンス数[2]
・HA環境かどうか
(アクティブ-アクティブか、アクティブ-スタンバイか)

※[1] Db2(AS/400)の場合はプロセッサ番号(P05~P50)の情報が必要です。WRKLICINFコマンドで確認可能です。
   Db2(z/OS)の場合はMSU数が必要です。
※[2] Db2の場合はLPAR数が必要です。
   Oracleマルチテナントの場合はインスタンス数とPDB数が必要です。

具体的なライセンス価格の提示をご希望の場合は、ヒアリングシートに必要事項ご記入いただき、お問合せください。
弊社より価格を記載し返送いたします。ヒアリングシートは以下アイコンよりDL可能です。
ヒアリングシートDL

Syniti DRライセンスカウント方法

データベースインスタンス(LPAR)とデータベースインスタンス(LPAR)の組み合わせで1ライセンス必要です。
N:1の組み合わせの場合はN数ライセンスが必要です。
中間サーバとなるSyniti DRサーバの台数にSyniti DRライセンス依存はございません。

Syniti DRライセンス:「1」

Syniti DRライセンスカウント方法1

Syniti DRライセンス:「2」

Syniti DRライセンスカウント方法2

Syniti DRライセンス:「2」

Syniti DRライセンスカウント方法2

Syniti DRライセンス:「4」

Syniti DRライセンスカウント方法4

ライセンス価格についてよくある質問

価格表は公開していないのでしょうか? DBの種類やスペックによって価格が変動するため、非公開とさせていただいております。個別に対応させていただいておりますので、詳細はお問合せください。

仮想環境の場合に必要な情報は何でしょうか? 仮想マシンにアサインされているvCPU数が必要です、物理ホストのCPU情報は不要です。

AWSなどのクラウド環境の場合に必要な情報は何でしょうか? 仮想インスタンスにアサインされているvCPU数が必要です。

開発環境やHAクラスタ構成の場合でも台数分のライセンスが必要でしょうか? 基本的に台数分のライセンスが必要ですが割引があります。詳細はお問合せください。

保守費用について ライセンス価格の20%となります。保守は年単位で1年目は必須です。

Syniti DRインストールマシンはライセンス価格に影響しますか? 影響しません。

Syniti DRインストールマシンをクラスタ構成とする場合はライセンス価格に影響しますか? 影響しません。




動画で見る
Syniti DR
Webセミナー

(約40分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.