株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > AS/400

AS/400管理者の課題を解決!

こんなご要望にDBMotoがお応えします

導入事例

実際にDBMotoを使用してAS/400からのレプリケーションを構築しているユーザ様の声です。
実際に導入されたユーザ様の声を参考に、DBMotoをご検討ください。

株式会社ローソンHMVエンタテイメント様 株式会社ローソンHMVエンタテイメント(旧:HMVジャパン株式会社) 導入事例 詳細はこちら >>
DBMotoを活用してIBM iのDB2データベースからSQLServerへのリアルタイム・レプリケーションを構築

クニミネ工業株式会社様 クニミネ工業株式会社様 導入事例 詳細はこちら >>
IBM iとつながるDBMotoを使いWindowsベースの既存資産を活用

IBM i(AS/400)-SQLServer間でのDBMoto活用例

DBMotoを利用することで、IBM i(AS/400)の必要なデータのみをリアルタイムに他種データベースへレプリケーション(転送)可能です。
IBM i(AS/400)-SQLServer間でのDBMoto活用例
上の図ではAS/400からレプリケーションされたSQL Serverのデータを、社内システムやWebアプリケーション、レポーティングツールでの活用、更にはWindows用アプリケーションで活用する例です。

AS/400のみの場合は、アプリケーションからのデータの登録・更新・削除・参照がすべてAS/400に対して行われますが、レプリケーションによってアプリケーションのデータの参照はSQL Server側に任せることができるので、不可軽減のメリットもあります。

IBM i(AS/400)と他のDB2(LUWとz/OS)間でのDBMoto活用例

DBMotoを活用することでAS/400で使用しているDB2 for i(DB2/400)と他のDB2(for LUW とz/OS)間でのリアルタイムなデータ・レプリケーションが可能です。これによりデータベース間でのシームレスなデータ連携が可能で、データの移行・連係、負荷分散、障害対策などに活用することができます。
IBM i(AS/400)と他のDB2間でのDBMoto活用例

3つのレプリケーションモード

DBMotoは下記の3つのレプリケーションモードに対応しています。

さらに詳しい内容はこちら

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応

CCSID 5026/5035をサポートしているため、AS/400の日本語文字も他種DBに対して文字化けすることなくレプリケーション可能です。CCSID 290/1027に日本語文字を持つ特殊なテーブルの場合でも、DBMotoの機能でカラム単位でCCSID変換を設定することで文字化けを回避できます。また、CCSID 65535のバイナリ文字を通常の文字列へ変換するオプションが用意されています。

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応
CCSID変換設定画面 CCSID290/1027からの変換で使用

CCSID 5026/5035の日本語文字とCCSID 65535のバイナリ文字に対応
CCSID変換設定画面 CCSID290/1027からの変換で使用

文字コード・データタイプの自動変換

DBMotoは文字コードEBCDICであるAS/400から取得したデータをUnicodeへ変換し、ターゲットの文字コードに合わせて自動変換します。このためDBの文字コードの差異を意識する必要はありません。
文字コード・データタイプの自動変換

高速レプリケーションを実現する.NETドライバ(Ritmo/i)をバンドル済み

DBMotoからAS/400への接続用に.NETドライバのRitmo/iをバンドル済みです。Ritmo/iはAS/400 DB2への高速アクセスを可能とし、高速レプリケーションを実現します。

Ritmo/iの詳細はこちら
AS/400を使用するお客様からよくある質問

どのようにして差分レプリケーションが行われますか? AS/400のミラーリングではトランザクションログとして「ジャーナル・レシーバ」を参照しますので、予め物理ファイルに対してジャーナルを起動しておく必要があります。
また、DBMotoからジャーナルを参照するためのプロシージャをAS/400のライブラリに対して作成する必要がありますが、DBMotoでAS/400の接続設定を行う際に簡単に作成することができます。

ジャーナルがAS/400側で自動で切り替わった場合、DBMotoが参照するジャーナルも自動で切り替わりますか? 切り替わります。

古いジャーナルは削除しても問題ないですか? DBMotoから参照しているジャーナルより前のものについては削除して問題ありません。

AS/400にはどのドライバで接続するのでしょうか? Ritmo/iというドライバを使用します。DBMotoに同梱されております。

ジャーナルレシーバはテーブル単位で作成する必要がありますか?それともまとめて1つでも問題ないですか? 1つにまとめても問題ありません。DBMotoではテーブル単位でレプリケーション定義を作成し、定義ごとにトランザクションIDを管理することが可能なためです。

準備・設定からレプリケーション実行までの流れ

【事前準備】AS/400にジャーナルを作成・起動します。

AS/400のジャーナル起動

1. AS/400(複製元)の接続設定を行います。

AS/400への接続設定を行います。
AS/400への接続設定
DBMotoからAS/400のジャーナルを参照できるようにプロシージャを作成します。
(DBMotoから1クリックボタンで簡単に作成可能です)
プロシージャを作成
AS/400のレプリケーション対象の物理ファイルを選択します。 レプリケーション対象の物理ファイルを選択

2. ターゲット(複製先)DBの設定を行います。

3. レプリケーションの設定を行います。

4. レプリケーションを実行します。

設定・処理の流れの詳細はこちら

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2014 Climb Inc.