株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > 概要 > 構成例

構成例

DBMoto(デービーモト)導入の構成例を目的別に紹介します。
ディザスタリカバリを考慮した構成例はこちら ≫

1.基幹データベースをレプリケーションし、他システムで活用する一般的な構成

ソースDBとターゲットDBがそれぞれ1台の場合の最も一般的な構成です。
基幹DBのデータをレプリケーションし他システムで活用する構成例
上の図ではソースの基幹データベースであるAS/400から必要なデータをターゲットのSQL Serverにレプリケーション(ミラーリング)し、Windows向けアプリケーションからデータを活用することができます。



2.複数の基幹データベースを1台のデータベースに統合してレプリケーションする構成

ソースDBが複数台、ターゲットDBが1台の場合の構成です。
複数の基幹DBのデータを1台のDBに統合してレプリケーションする構成例
上の図ではソースの複数の基幹データベースであるAS/400からそれぞれ必要なデータをターゲットのOracleにレプリケーション(ミラーリング)し、Oracle向けアプリケーションからデータを活用することができます。レプリケーションでデータを統合することによって、一元管理が可能になるメリットがあります。



3.1台のの基幹データベースを複数のデータベースに分散してレプリケーションする構成

ソースDBが1台、ターゲットDBが複数台の場合の構成です。
1台のの基幹データベースを複数のデータベースに分散してレプリケーションする構成
上の図ではソースの基幹データベースであるOracleから必要なデータをターゲットのそれぞれのMySQLにレプリケーション(ミラーリング)します。それぞれのMySQLでバックアップ用・社内システム用・Webアプリケーション用など、用途に応じて使い分けることが可能です。



4.双方のデータベースで常に同期を取る一般的な構成

ソースDBが1台、ターゲットDBが1台の場合の構成です。
双方のデータベースで常に同期を取る一般的な構成
上の図ではソースのDB2 UDBで更新があればターゲットのSQL Serverへ、ターゲットのSQL Serverで更新があればソースのDB2 UDBへレプリケーション(シンクロナイゼーション)し、常に双方のデータの同期を取ることができます。双方のデータベースにリアルタイムな増分アップデートが必要なアプリケーションに最適な構成です。



5.3台以上の複数のデータベースで常に同期を取る構成

3台以上のデータベースがある場合の構成です。
3台以上の複数のデータベースで常に同期を取る構成
上の図では複数台のOracleがあり、いずれか1つのOracleでデータの更新があれば、他すべてのOracleに対してレプリケーション(マルチシンクロナイゼーション)し、常にすべてのOracleでデータの同期を取ることができます。例えば各店舗サーバごとにDBがあり、常に全サーバでデータの整合性を保つ必要があるケースに最適な構成です。

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2015 Climb Inc.