株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > 設定・処理の流れ

レプリケーションの設定と処理の流れ

DBMoto(デービーモト)はDBへの接続設定とレプリケーション定義の設定を行い、
レプリケーションプロセスを実行することでレプリケーションを行います。
ここでは設定の流れとレプリケーション実行後の処理の流れを紹介します。

レプリケーションの設定と処理の流れ

1. ソース(複製元)DBへの接続設定

・接続先情報の設定(IPアドレス等)
・レプリケーション対象テーブルの選択
・トランザクションログの参照設定

2. ターゲット(複製先)DBへの接続設定

・接続先情報の設定(IPアドレス等)
・レプリケーション対象テーブルの選択
・トランザクションログの参照設定

3. レプリケーション定義の設定

・レプリケーション方式の選択
・テーブル・フィールドのマッピング設定
・スケジュール設定

1.~3. の設定情報はすべてメタデータとして管理され、 必要に応じてバックアップ・リストアが可能です。

4. レプリケーションプロセスの実行

Windowsのサービスとして実行します

5. 初期レプリケーション(リフレッシュ)

初期レプリケーションのイメージ図
1. ソースDBのテーブルの全レコードを参照してselectでスキャン
2. insertのSQLを生成し、ターゲットDBのテーブルへ転送

6. 差分レプリケーション(ミラーリング)

差分レプリケーションのイメージ図
1. ソースDBのトランザクションログを参照して新しいトランザクションを感知
  ⇒デフォルトで60秒周期で確認(変更可能)
2. insert/update/deleteのSQLを生成し、ターゲットDBのテーブルへ転送

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2015 Climb Inc.