株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


レプリケーション機能



フィールドマッピング

Synitiではテーブルのフィールド単位でマッピングやデータ変換などの細かな設定を行うことが可能です。

フィールド単位でのマッピング

Synitiではテーブルのフィールド毎にマッピングの設定が可能です。例えばレプリケーションするフィールド、しないフィールドを設定したり、ソースとターゲットでテーブル構造が異なる場合の複雑なマッピング設定が可能です。
また、フィールド名や序数での自動マッピング機能も搭載しておりますので、同一テーブル構成でレプリケーションを実施する場合は、手間なくマッピング可能です。

双方のテーブル構造が同一の場合のマッピング設定例
フィールド単位でのマッピング

双方のテーブル構造が異なる場合のマッピング設定例
フィールド単位でのマッピング

文字コード・データタイプの自動変換

SynitiはソースDBから取得したデータをUnicodeへ変換し、ターゲットDBの文字コードに合わせて自動変換します。
このためDBの文字コードの差異を意識する必要はありません。
AS/400の対応文字コード詳細:https://www.climb.co.jp/soft/dbmoto/as400/

文字コード・データタイプの自動変換

データ変換(関数)

フィールドマッピング画面にて、マッピング単位で関数を設定することで、データ変換しつつレプリケーションを実施できます。関数はVBとC#の標準関数を使用できる他、スクリプト画面で定義したオリジナルのユーザ関数を使用することもできます。
これにより、例えばTrim関数を使用し、前後の空白を除去してレプリケーションを実施するといったことが可能です。
参考記事:https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/951

データ変換(関数)

柔軟なレプリケーション実行

Synitiではスクリプトを使用した条件付きのレプリケーションや、スケジュール設定を行うことも可能です。これにより要件にあった柔軟なレプリケーションを実施できます。

スクリプトによる複雑なレプリケーション

SynitiではC#またはVB .NETのいずれかでのスクリプトをサポートしており、複雑なレプリケーションを実施することが可能です。
例えば、テーブルやカラムを結合したレプリケーションを実施することや、Delete(削除)操作はレプリケーションしないといった、条件付きのレプリケーションを行うこともできます。
参考記事:https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/4659

スクリプトによる複雑なレプリケーション

スケジュール

Synitiでは次のスケジュール設定が可能です。
リフレッシュ(全件)・・・定期リフレッシュ実行スケジュール
ミラーリング・シンクロナイゼーション(差分)・・・レプリケーション除外スケジュール

スケジュール

テーブル構成への対応

Synitiでは、様々なテーブル構成のレプリケーションに対応しており、仮想的なPKを指定し差分レプリケーションを実施することや、複数テーブルをグループ化しレプリケーションすることも可能です。

DBにPKが未設定の際のSyniti仮想PK

Synitiは差分レプリケーション実施の際、対象レコード識別のためにレプリケーション先のテーブルにPKが設定されている必要があります。しかしPK設定されていない場合でも、Synitiから対象レコードをWHERE句指定するための仮想PKを設定することで差分レプリケーションを使用可能となります。
※仮想PKを使用する場合でも、レコードの値は一意である必要があります。また複合キーとして仮想PKの複数指定が可能です。

テーブルでPK設定済みの場合

PKあり

レプリケーションクエリ:update TABLE ~ where C1=xx
⇒where句にPKが指定されるため、そのまま差分レプリケーション可能

テーブルでPK設定されていない場合

PKなし

レプリケーションクエリ:update TABLE ~
⇒where句にPKが指定されないため、そのままでは差分レプリケーション不可ですが・・・


仮想PK設定

仮想PKを設定することで、
レプリケーションクエリ:update TABLE ~ where C1=xx
⇒where句にPKが指定され、差分レプリケーション可能に
※テーブルへの変更は一切加えません

DBにPKが未設定の際のSyniti仮想PK

グループ化

Synitiはテーブル単位で作成したレプリケーション定義(ジョブ)をグループにまとめることができます。グループ化によって以下のメリットがあります。
・DBサーバへのアクセスセッション数の削減(ジョブ単位⇒グループ単位に変更されます)
・レプリケーション設定情報の一元化
・外部参照キーを持った親子テーブルのレプリケーションの実現

グループ化




動画で見る
Syniti DR
Webセミナー

(約40分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.