株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


変更追跡

トランザクションログ方式

DBネイティブのトランザクションログを直接参照し、変更されたレコードを追跡する方式です。DB側のログを利用する非常にシンプルな構成です。
レプリケーション(テーブル)ごとにDBへ接続し、トランザクションログを参照します。そのため、レプリケーション数が限られていて、追加のコンポーネントをインストールしたくない場合に適しています。

トランザクションログ方式

DBで使用されるトランザクションログの例

Db2(AS/400)ジャーナル・レシーバー
IBM Db2 LUW(Linux, Windows, AIX)Db2ログ
OracleREDOログ・アーカイブログ
SQL Serverログ(ディストリビュータ経由)
MySQL/Amazon Aurora MySQLバイナリログ
IBM InformixInformix ログ
IBM PureDataPureData ログ
PostgreSQLWALログ

ログ サーバー エージェント方式

ログ サーバー エージェントを構成したサーバーを経由してソースDBの変更されたレコードを追跡する方式です。
Windowsマシンにログ サーバー エージェント用のサービスをインストールし、このサービスがソースDBのトランザクションログを読み取り、Syniti DR独自のバイナリログ形式でログ サーバー エージェントマシン上に保管します。
Syniti DRがソースDBではなく、ログ サーバー エージェントマシンに接続し、ソースDBの変更情報を取得することで、ソースDBへの接続を最適化し、多数の接続による負荷を軽減することができます。

ログ サーバー エージェント方式

ログ サーバー エージェントに対応した主なDBは次の通りです。

トリガー方式

ソースDBにログテーブルを作成し、トリガーによってログテーブルに変更履歴を記録します。Syniti DRはログテーブルを参照し、変更されたレコードを追跡、ターゲットDBへ反映します。
この方式であれば、構成や権限など、何らかの理由でトランザクションログを使用できない場合でも、レプリケーションが可能です。
ただし、トリガーによるログテーブルの書き込み処理により、トランザクションログを使用する方式と比較するとDBに追加の負荷や容量が生じます。

トリガー方式

トリガーに対応した主なDBは次の通りです。




動画で見る
Syniti DR
Webセミナー

(約40分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.