株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
N2Ws Cloud Protection Manager
(クラウドプロテクションマネージャー)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Accops(アコップス)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


導入事例 株式会社ローソンHMVエンタテイメント様

株式会社ローソンHMVエンタテイメント

株式会社ローソンHMVエンタテイメント様はDBMoto(デービーモト)を活用してIBM i(AS/400)のDB2データベースからSQLServerへのリアルタイム・レプリケーションを構築し、日々のBIに活用しています。


事業内容

-CD、DVD、レコード、ビデオテープなど、音楽と映像商品および付帯関連商品、ならびに書籍の輸入・販売
-同オンラインでの販売
・店舗数:66
・208万タイトルを有する音楽・映像・書籍の専門オンラインショッピングストア
・メンバーズ・カード会員+オンラインの会員:約350 万

DBMoto導入の背景

HMV-Japan社内のWindows系のデータウェアハウス構築にあたり、基幹系システム(IBM i(AS/400))DBとSQL Serverとのつなぎ込みが必要でした。

システム構成

DBMotoを利用してIBM i(AS/400) /DB2からデータウェアハウスシステム用のSQLServerにデータをリアルタイムにリプリケーション

DBMotoを利用した株式会社ローソンHMVエンタテイメント様のシステム構成

導入前の課題・ニーズ

イントラネット上のアプリケーションで、ODBC接続を利用し運用はしていたのですが、パフォーマンスの問題などあり、リアルタイムで情報を取り込む事が非常に困難でした。

解決方法

DBMotoを導入し、IBM i(AS/400) × 6とMS SQLServer(Windows Server2003)複数台間をリアルタイムにレプリケーションしました。

導入後の効果

各店舗、およびEコマースの在庫データを結合しました。ほぼリアルタイムな在庫をみることができるため、基幹系、イントラネット、KIOSK上の在庫関連のアプリケーションで利用しています。

インタビュー

DBMotoを導入する前の問題点等などをお願いします。現状の業務アプリケーションを教えてください。 社内データウェアハウス構築にあたり、基幹系システム(IBM i(AS/400))DBとのつなぎ込みが必要でした。
イントラネット上のアプリケーションで、ODBC接続を利用し運用はしていたのですが、パフォーマンスの問題などあり、リアルタイムで情報を取り込む事が非常に困難でした。

どのようにしてDBMotoを見つけ、そしてDBMotoを採用された理由
今後どのように現状の業務アプリケーションにDBMotoを使用されましたか。
そして、DBMotoの利用が御社にどのように利益/効果をもたらしまか。
DBMotoのお試し版をインターネット上からダウンロードしたのがきっかけです。
一度DBを構築してしまえば、日々のメンテナンスの必要もなく、なによりリアルタイムな情報がストレスなく取り出せる事が、決定した理由です。

御社で現在使用しているデータベースとそのサーバの種類をお願いします。 IBM i(AS/400) × 6
MS SQLServer(Windows Server2003)複数台

御社でDBMotoを使用してデータをレプリケーションする必要があったアプリケーションは具体的にはどのようなアプリケーションでしょうか? 各店舗、およびEコマースの在庫データを結合しました。
ほぼリアルタイムな在庫をみることができるため、基幹系、イントラネット、KIOSK上の在庫関連のアプリケーションで利用しています。

DBMotoが取り扱うデータ量はどのくらいでしょうか? レコード件数 : 約1400万レコード

DBMotoの長所はどのような点にあるとお考えでしょうか? ・分散されたテーブルをあたかも1つのテーブルのように扱える。
・プラットホームの違うシステムでも、意識することなくDBにアクセスする事ができる。
・DBMOTOの自体の設定も簡単

今後の予定をお願いします。 今後は、お客様向けのシステム(KIOSK)にも利用していきたいと考えております。



他の導入事例をみる




動画で見る
DBMoto
Webセミナー

(約30分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2018 Climb Inc.