株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


導入事例 フェラーリ・アメリカ様

フェラーリ・アメリカ

DBMoto(デービーモト)を使用してSystem iからのキー・データとSQL Serverからのデータの両者を利用したレポート・ソリューションを構築


会社概要

フェラーリ・アメリカはイタリアのフェラーリの子会社で、北米と南米においてデーラー網経由でフェラーリ車を輸入・販売する会社です。販売後のユーザに対するサービスも提供しています。

DBMoto導入の背景

フェラーリ・アメリカは最初に社内で使用するレポーティング・ツールを調査していました。
彼らはそれを実行するにはマイクロソフトのSQL Server、Accessの情報にアクセスすると同様にIBM i(AS/400)にある重要なデータにアクセスする手段が必要でした。

システム構成

フェラーリ・アメリカが使用するSystem iのソースDB2テーブルをマイクロソフト SharPointとレポート・ツールに統合できるようにDBMotoを使用してSQLServer2005とAccessにレプリケーションしています。
*DBMotoを活用してIBM i(AS/400)からリアルタイムに各部門にWindowsベースのレポーティングを提供

DBMotoを利用したフェラーリ・アメリカのシステム構成

問題解決

フェラーリ・アメリカのITチームはレポート・ツールの選定に多くの時間をかけました。
そしてそのツールの採用を決めた時、そのツールには彼らの最も関連するデータが保存されたi5/OS上のDB2から直接データを抽出できないことに気が付きました。
これを実現させるにはソースから簡単にレポート・ツールにレプリケーションできるツールが必要でした。
しかし、その時点での予算はすでに厳しいものがありました。

ITチームはDBMotoの評価を開始し、その使いやすさとレポート・ツールのためのニーズに充分見合うものと判断しました。
DBMotoは特別な外部ツールを必要とすることなく導入でき、そのおかげで、予算内で実行できました。
DBMotoはSystem iサーバ上のDB2テーブルから不要なレコードを排除して、周期的にSQL Server 2005と MS Accessにレプリケーションを行います。 レポート・ツールはSQL Server 2005と MS Access上のデータを使用します。

DBMotoの利用概要

レプリケーション・プロセスはいくつかのコンポーネントから構成されていて、それらはセールス、サービス等の分野です。
ターゲット・データはWindows 2003 / SQL server 2005 serverに蓄積されます。
一旦、レプリケーションが構築されれば、DBMotoはほとんどメンテナンスの必要はありません。
また、DBMotoのフィルタリング機能を使用して古いレコードのような重要でないデータをフィルタリングしています。
これによりレプリケーション処理の効率を向上させ、ターゲット・ファイルを管理可能なサイズに縮小させています。

選択基準

DBMotoのシンプルな使用手法は小さなITチームにとっては大きな力になりました。
またDBMotoコストパフォーマンスと評価期間におけるサポートも大きなファクターとなりました。

フェラーリ・アメリカ担当者

Mr. Sandro Levati, Director of IT, Ferrari & Maserati North America.



他の導入事例をみる




動画で見る
DBMoto
Webセミナー

(約30分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2019 Climb Inc.